RSタイチ

MOTOR CYCLE NEWS

 
全日本モトクロス選手権 第5戦 神戸大会


7/2(土)-3(日)の2日間、市街地からほど近くある神戸空港横に特設した“神戸空港島 特設コース”において、 日本モトクロス選手権 第5戦 神戸大会がが開催されました。 決勝当日は直射日光が照りつける晴天の中、選手にとってはレース以外に暑さとの戦 いも強いられる過酷なレースとなりました。

IA-1 小島庸平選手(Team SUZUKI) レース1では見事に勝利し、レース2では3位表彰台 を獲得して総合優勝を果たしました。 レーススタート直後から繰り返されるデッドヒートに、会場もどよめくほどの激しい デッドヒートを繰り広げました。
IA-2 岡野 聖選手(フライングドルフィン サイセイ)が、ヒート1-2ともに制し、パー フェクトウィンで総合優勝を果たしました。 これで4戦連続の総合優勝となりました。 レース2では、途中転倒があったものの、猛烈な追い上げでトップを奪取し、まさに 乗れてるとはこのこと。 このまま好調をキープして、チャンピオン獲得を願う次第です。 小島選手、岡野選手おめでとうございます!

次戦は、7/23(土)-24(日)に岩手県の藤沢スポーツランドで開催されます。


 

 全日本モトクロス選手権第5戦 神戸大会     
 






 

トップページへその他のモーターサイクルNEWS へ
RS TAICHI