RSタイチ

MOTOR CYCLE NEWS

【 世界ロードレース選手権 第15戦 
日本GP ハフィス・シャーリン選手が今季2度目の表彰台獲得!!




10/13-15 栃木県のツインリンクもてぎで開催された、ロードレース世界選手権第15戦日本GP。 ウィークを通して雨模様で気温が上がらない肌寒い週末。15日に行われたMoto2クラスの決勝では、雨に強いハフィス選手が見事、今シーズン2度目の表彰台を獲得しました。予選6番手からスタートしたハフィス選手。トップグループから少し離れたところで一周目を迎えると、徐々にペースアップ。次々と前を走るライバルをかわし、気づけば表彰台圏内の3位に。惜しくも2位には届きませんでしたが、雨の茂木でうれしい自身二度目の表彰台獲得となりました。

ワイルドカード参戦の榎戸選手は予選25番手スタートから、並み居る世界の強豪を抑えなんと14位でフィニッシュ。初の世界選手権でポイントを獲得しました。

予選29番手スタートの長島選手は一時トップと変わらないペースで追い上げを見せますが、惜しくも転倒。再スタート後も怒涛の追い上げを見せ、20番手でチェッカー。

今シーズンルーキーのカイラル選手は予選33番手から、得意の雨の中徐々にポジションアップ。23位でチェッカーを迎えました。

また、Moto3クラス12番グリッドからレースに臨んだナカリン選手は、強力なライバルたちを相手に力強いバトルを続けました。最終的には惜しくもトップ10を逃したものの、ルーキーイヤーの今季で2番目にいいリザルトでフィニッシュしました。




Moto2
#33 榎戸育寛選手(Teluru MOTOBUM Racing Team)
Moto2
#45 長島哲太選手(Teluru SAG Team)

Moto3
#89 カイルール・イダム・パウイ選手(IDEMITSU Honda Team Asia)
Moto3
#41 ナカリン・アティラプワパ選手(Honda Team Asia)



トップページへその他のモーターサイクルNEWS へ
RS TAICHI