RSタイチ

e-HEATシリーズ
RST594 e-HEAT PROTECTION GLOVE RST594
e-HEAT PROTECTION GLOVE
RST595 e-HEAT GLOVE RST595
e-HEAT GLOVE
RSU979 e-HEAT FREECE INNER VEST RSU979
e-HEAT FREECE INNER VEST
RSU980 e-HEAT INNER JACKET RSU980
e-HEAT INNER JACKET
OPTIONOPTION

e-HEATのオススメポイントを解説!

ポイント1 ヒーターがピタッと密着

グリップを握ると指股と甲側のヒーターが自然に手に密着し体感温度が増します。
また握った状態の指股は走行風の影響を受けにくく発熱の効果を無駄にしません。
背中の血管を温めることで全身の血液が温まります。
さらにステアリングに手をかけると背中、肩甲骨周辺のヒーターが体に密着し体感温度が増します。
また背中は走行風の影響を受けにくく発熱の効果を無駄にしません。

ポイント2 温めた空気を逃さない

  • ジャケットの裾から覗くスイッチフラップ。アウターを着たままで設定温度を確認し操作できる。

  • スイッチはグローブのままでも操作感を損なわないボタン式。

  • グローブを外さずにスマホも操作できる。

RS TAICHI