RSタイチ

HISTORY

すべては、吉村太一の情熱から始まった。

モトクロス全日本選手権を制覇
吉村太一。1946年、大阪府生まれ。
学生時代から数多く のオフロードレースに参戦してきた実績を認められ、66年スズキとライダー契約。
67年にモトクロス全日本選手権125ccクラス、70年の選手権では125ccと250ccの両クラスにおいてシリーズチャンピオンに輝くなど、名実ともに日本のトップレーサーへと成長する。
世界GP参戦
71年にはヨーロッパへ遠征し、日本代表選手としてワールドモトクロスGPに参戦。
翌72年にはモトクロス分野に遅れて参入してきたホンダへ電撃移籍し、ホンダにモトクロス初の勝利をもたらした。
引退後、新しいビジョンをカタチに
74年のシーズンを最後に吉村は引退を決意。
しかし吉村は、モーターサイクルシーンに新しい夢とビジョンを描き始める。
これまでにライダーとして培ったノウハウを活かせる仕事ができたら。
そして、同じ価値観を持つライダーたちとバイクの楽しさを分かち合えることができたら…と。
RS(ライダーズスポット)タイチの誕生である。

RSタイチの根底に流れるのは、
吉村の熱きレーサースピリッツ。

プロのノウハウが活きる製品開発を
自らがプロレーサーとして活躍し、いまなおバイクライフをエンジョイし続ける吉村のプロデュースによるメーカーだからこそ、RSタイチが生み出す製品にはすべてに一切の妥協がない。
そのウェアの、パーツの隅々に、モーターサイクルを楽しむためのノウハウ、吉村のレーサーとしての熱きスピリッツが、脈々と息づいている。

HISTORICAL RECORD


RS TAICHI