HISTORY

沿革/ヒストリー

“すべては、吉村太一の情熱から始まった。”

自らがプロレーサーとして活躍し、いまなおバイクライフをエンジョイし続ける吉村のプロデュースに
よるメーカーだからこそ、アールエスタイチが生み出す製品にはすべてに一切の妥協がない。
そのウェアの、パーツの隅々に、モーターサイクルを楽しむためのノウハウ、
吉村のレーサーとしての熱きスピリッツが、脈々と息づいている。

PROFILE

プロフィール

創業者 吉村 太一

創業者 吉村 太一

1946年、大阪府生まれ、1960年代から70年代前半にスズキ、ホンダの両メーカーワークスから全日本選手権や世界GPに参戦し、数々の勝利を挙げた。オフロードライダー選手引退直後の1975年にアールエスタイチを設立し、これまでに数多くのロードレースライダーのサポート活動などをし、業界の重鎮としての存在感を見せている。現在はMFJレジェンドライダースクラブ 副会長として業界を牽引している。

モトクロス全日本選手権を制覇
学生時代から数多くのオフロードレースに参戦してきた実績を認められ、66年スズキとライダー契約。67年にモトクロス全日本選手権125ccクラス、70年の選手権では125ccと250ccの両クラスにおいてシリーズチャンピオンに輝くなど、名実ともに日本のトップレーサーへと成長する。
世界GP参戦
71年にはヨーロッパへ遠征し、日本代表選手としてワールドモトクロスGPに参戦。
翌72年にはモトクロス分野に遅れて参入してきたホンダへ電撃移籍し、ホンダにモトクロス初の勝利をもたらした。

HISTORICAL RECORDS

アールエスタイチの歴史

“アールエスタイチの根底に流れるのは、
吉村の熱きレーサースピリッツ。”

引退後、新しいビジョンをカタチに
プロのノウハウが活きる製品開発を

74年のシーズンを最後に吉村は引退を決意。しかし吉村は、モーターサイクルシーンに新しい夢とビジョンを描き始める。これまでにライダーとして培ったノウハウを活かせる仕事ができたら。そして、同じ価値観を持つライダーたちとバイクの楽しさを分かち合えることができたら…と。

RS(ライダーズスポット)タイチの誕生である。
自らがプロレーサーとして活躍し、いまなおバイクライフをエンジョイし続ける吉村のプロデュースによるメーカーだからこそ、アールエスタイチが生み出す製品にはすべてに一切の妥協がない。そのウェアの、パーツの隅々に、モーターサイクルを楽しむためのノウハウ、吉村のレーサーとしての熱きスピリッツが、脈々と息づいている。

FOUNDED IN 1975

  • 1975

    大阪府大東市に本格的プロショップとしてライダーズスポットタイチを創業

    大阪府大東市に本格的プロショップとしてライダーズスポットタイチを創業
  • 1976

    自社オリジナル製品の開発に着手、第一号はギアバッグ

    自社オリジナル製品の開発に着手、第一号はギアバッグ
  • 1983

    大東市中垣内(現在の直営店)に新社屋建設

    大東市内垣内(現在の直営店)に新社屋建設
  • 1984

    • ライディングシューズ「RST301」を㈱アシックス社と共同開発

      ライディングシューズ「RST301」を㈱アシックス社と共同開発
    • オフロードスポーツの本格的施設としてライダーパークを建設

      オフロードスポーツの本格的施設としてライダーパークを建設
  • 1985

    ロードレースギア「Nixe」(ニケ)を発表
    オリジナルフィルターオイル「RST-1」を開発

    ロードレースギア「Nixe」(ニケ)を発表オリジナルフィルターオイル「RST-1」を開発
  • 1988

    ケビン・シュワンツ選手と契約し世界GP鈴鹿大会で優勝

    ケビン・シュワンツ選手と契約し世界GP鈴鹿大会で優勝
  • 1990

    オリジナルオフロードウェア「TAICHI FORCE」を発表

    オリジナルオフロードウェア「TAICHI FORCE」を発表
  • 1991

    • テイジン㈱と同社”ソフテレック”を使用したタイヤウォーマーを共同開発マクラーレンF-1チームにタイヤウォーマーを供給

      テイジン㈱と同社”ソフテレック”を使用したタイヤウォーマーを共同開発マクラーレンF-1チームにタイヤウォーマーを供給
    • ㈱SHOWAとマウンテンバイク用のオリジナルサスペンションを開発

      ㈱SHOWAとマウンテンバイク用のオリジナルサスペンションを開発
  • 1993

    クルーザーライダー向けのブランド「OPTIMA」を発表

    クルーザーライダー向けのブランド「OPTIMA」を発表
  • 1996

    「RST-1」をモトクロスホンダファクトリーチームへ供給

  • 1998

    ツーリングライダーのためのツーリングギアシリーズ
    「LD Equipment」シリーズを発表

    ツーリングライダーのためのツーリングギアシリーズ「LD Equipment」シリーズを発表
  • 2005-2006

    北川圭一選手がFIM世界耐久
    ロードレース選手権でチャンピオン獲得

    ツーリングライダーのためのツーリングギアシリーズ「LD Equipment」シリーズを発表
  • 2006

    世界最大のモーターサイクルショー、 ドイツのINTERMOTOに初出店

    世界最大のモーターサイクルショー、 ドイツのINTERMOTOに初出店
  • 2006-2007

    イタリアのEICMA、アメリカのAIM EXPOに出展

    イタリアのEICMA、アメリアのAIM EXPOに出展
  • 2008

    東大阪市に新物流拠点を開設

    世界で初めてレーシングスーツにエアバッグシステムを搭載した「T-RAPS」を発表

    世界で初めてレーシングスーツにエアバッグシステムを搭載した「T-RAPS」を発表
  • 2009

    青木宣篤選手が鈴鹿8時間耐久ロードレースで総合優勝

    青木宣篤選手が鈴鹿8時間耐久ロードレースで総合優勝
  • 2010

    • ブランドロゴとして新たにL-TAICHIを発表

      ブランドロゴとして新たにL-TAICHIを発表
    • RSB260ELブレードホルスターバッグがグッドデザイン賞を獲得

      RSB260ELブレードホルスターバッグがグッドデザイン賞を獲得
    • オフロードコース「ライダーパーク生駒(旧スズキオートランド生駒)」の運営を開始

      オフロードコース「ライダーパーク生駒(旧スズキオートランド生駒)」の運営を開始
  • 2011

    モバイルバッテリーで可動する電熱ウェア「e-HEAT」シリーズを発表

    モバイルバッテリーで可動する電熱ウェア「e-HEAT」シリーズを発表
  • 2013

    アズラン・シャー・カマルザマン選手がFIMアジアロードレース選手権SS600クラスでチャンピオン獲得

    アズラン・シャー・カマルザマン選手がFIMアジアロードレース選手権SS600クラスでチャンピオン獲得
  • 2014

    • ジョシュ・ヘイズ選手がAMAロードレース選手権スーパーバイククラスでチャンピオン獲得

      ジョシュ・ヘイズ選手がAMAロードレース選手権スーパーバイククラスでチャンピオン獲得
    • ロードレース世界選手権Moto2
      ハフィス・シャーリン選手と契約

      ロードレース世界選手権Moto2 ハフィス・シャーリン選手と契約
    • 新コンセプトのプロテクションスライダー鈴鹿8時間耐久ロードレースでケビン・シュワンツ選手、辻本 聡選手、青木 宣篤選手他、数名の選手に装着し発表

      新コンセプトのプロテクションスライダー鈴鹿8時間耐久ロードレースでケビン・シュワンツ選手、辻本 聡選手、青木 宣篤選手他、数名の選手に装着し発表
  • 2015

    新世代のチェストプロテクター「TECCELL チェストプロテクター」を発表2016年には日刊自動車新聞用品大賞「二輪部門」を受賞

    新世代のチェストプロテクター「TECCELL チェストプロテクター」を発表2016年には日刊自動車新聞用品大賞「二輪部門」を受賞
  • 2015-2016

    ASIA DREAM CUPにオフィシャルギアとしてレーシングギアを供給

    ASIA DREAM CUPにオフィシャルギアとしてレーシングギアを供給
  • 2016

    • アピワット・ウォンタノン選手がFIMアジアロードレース選手権AP250クラスでチャンピオン獲得

      アピワット・ウォンタノン選手がFIMアジアロードレース選手権AP250クラスでチャンピオン獲得
    • レーシングレザースーツ用のエアバッグシステム「TECH-AIR」搭載可能スーツを開発

      レーシングレザースーツ用のエアバッグシステム「TECH-AIR」搭載可能スーツを開発
  • 2017

    • TEAM SUZUKI ECSTAR(MOTO GP)にチームウェアを供給

      TEAM SUZUKI ECSTAR(MOTO GP)にチームウェアを供給
    • アメリカの伝統レース デイトナ200でRSタイチライダーが優勝初めての表彰台を独占

      アメリカの伝統レース デイトナ200でRSタイチライダーが優勝初めての表彰台を独占
    • さらなる安全性を追求したテクセルチェストプロテクターの分割式、表層強化型を発表

      さらなる安全性を追求したテクセルチェストプロテクターの分割式、表層強化型を発表
  • 2018

    ハフィス・シャーリン選手がMotoGPクラスに昇格、レーシングギアを供給

    ハフィス・シャーリン選手がMotoGPクラスに昇格、レーシングギアを供給
  • 2019

    NEWERA、BIOHAZARDとのコラボアイテムを発売

    • NEWERA COLLABORATION

      NEWERA COLLABORATION
    • BIOHAZARD COLLABORATION

      BIOHAZARD COLLABORATION

TO BE CONTINUED

“40年を超えて、新たなステージへ”

チャレンジし続けるブランドとしてTAICHIは、次の新たなステージへ。
常にライダー目線で、常に時代の一歩先へ。
これからも、すべてのライダーを支えるものづくりを。