RSタイチ

MOTOR CYCLE NEWS

 
全日本ロードレース ST600クラスで榎戸育寛選手が2位、
前田恵助選手が3位表彰台を獲得!


6/25(土)~26(日)の2日間、MFJ全日本ロードレース選手権第5戦が宮城県スポーツランドSUGOで開催されました。

日曜日の最終レースとなったST600クラス(決勝20周)において、 予選2番手の榎戸育寛選手(MOTO BUM HONDA)がスタートを決め、 序盤から激しいトップ争い繰り広げた結果、19周目でのミスが響き惜しくも2位でチェッカー。 この後、前田恵助選手(伊藤レーシングGMDスズカ)が続き3位でチェッカーを受け、 開幕以来3戦連続となる表彰台を獲得し、確実にポイントを重ねてランキングトップをキープ。前田選手は榎戸選手に続く3番グリッドからのスタート。 序盤はトップを追いながら焦りからミスが続き、徐々にトップ2台から離される展開。 その後は冷静さと自身のライディングを取り戻し、2台に接近したところでチェッカー。 トップ争い3人のうちだれが勝っても初優勝という見応えのあるレース展開でした。

榎戸選手と前田選手は、初優勝を念頭にライディングしていただけに悔しいレースとなりましたが、 レース後のコメントでは既に次戦の岡山ラウンドへ気持ちを切り替えていて、今後の結果として現れてくることでしょう。 榎戸選手、前田恵助選手の活躍にご期待ください。


 

 ST600  
 

 
 


   
       
 
 

 
 





 

トップページへその他のモーターサイクルNEWS へ
RS TAICHI