RSタイチ

MOTOR CYCLE NEWS

 


FIM CEV ヨーロッパ選手権 ポルティマオ




8/27-28に、ポルトガル アルガルヴェ国際サーキット(ポルティマオ) にて開催されたFIM CEV ヨーロッパ選手権 第6戦において、Moto2クラスにフル参戦中の長島哲太選手(Ajo Motorsport Academy)が2位、3位と連続で表彰台を獲得。

世界耐久選手権の開催地としても知られるポルティマオは、高速コーナーから激しいアップダウン、低速ヘアピンなど高い技術が求められるテクニカルサーキットです。

予選
車体のセットアップが決まり2回目の走行でトップタイムをマーク。 見事ポールポジションを獲得しました。

レース1
スタートを決めて6周目までトップを快走。 パスされた後も激しいトップ争いを繰り広げますが、 最終ラップの最終コーナーで抜かれ惜しくも0.099秒差の2位を獲得。

レース2
レース1での結果を踏まえ、初めから逃げ切ることを考え走行しましたが、タイヤの 消耗により後半にペースが上がらず、トップを3台による三つ巴のバトルを展開。 終盤に素晴らしいオーバーテイクを見せますが、優勝には届かず3位で終えました。 今回の結果で36ポイントを獲得し、現在のポイントランキングは3位。 ランキング2位との差は3ポイントと前回から変わらずですが、 残り2レースを残してランキング2位へポジションアップも期待できますね。

次戦は10/1-2にへレスで、そして最終ラウンドとなるバレンシアは11/19-20の開催です。

長島選手のコメント(Facebookより引用) レース1では最後の最後で抜かされてしまい、めちゃくちゃ悔しいレースになってし まい、レース2では序盤に逃げようとしたのですが、タイヤのマネージメントがうまく出来 ず後半にペースが落ちてしまいました。 優勝報告が出来ず本当に悔しいです。 今回得た事を糧にして、次のアラゴンのレースで暴れられる様に頑張ります! 日本GPにもエントリーはしているので、決まり次第ご報告させて頂きます。 今回も沢山の応援ありがとうございました!










トップページへその他のモーターサイクルNEWS へ
RS TAICHI