RSタイチ

MOTOR CYCLE NEWS

【アジアロードレース選手権 第1戦】
SS600クラス 羽田大河選手がRace-2で初優勝!






4/2(日)にジョホールサーキットで開催されたSS600クラスRace-2において、 羽田大河選手(RAMA Honda by T.Pro.Ten10)が、SS600参戦3年目となる初戦でついに 初優勝を果たしました。
3番グリッドからスタートした羽田選手はホールショットを決めた後はトップを走り 続け、 元GPライダーのアズラン選手に5秒以上もの大差を付けて快勝。 前日のRace-2でも2位表彰台を獲得した羽田選手は第1戦終了時点でランキングトップ に立ちました。 3位はYudhistira選手(Manual Tech Kawasaki Racing)との激しいバトルを制した Irfan選手(Astra Honda RT)で、こちらも自身初表彰台となりました。
アジア選手権は全6戦(12レース)なので戦いは始まったばかりですが、今後の羽田選 手に期待せずにはいられませんね。 今季からアジアプロダクション250にスイッチした小山知良選手((RAMA Honda by T.Pro.Ten10)は、レースウィークからのシェイクダウンという厳しい状況ながら、 Race-1は7位、Race-2では最終ラップまで激しい3位争いを繰り広げた結果、惜しくも 4位チェッカーとなりました。















 



トップページへその他のモーターサイクルNEWS へ
RS TAICHI